業務に専念することが大事

割れたハート

愛情と仕事上の評価

一般的に社内恋愛では、大きな社会的責任を背負っている方が、負担が大きめとなります。なぜなら万が一社内恋愛に失敗した場合に、売り上げや自分の評価、将来への期待など、多くのものを失う可能性があるからです。つまりリスクが高いということですから、そのプレッシャーに耐えられずに別れを切り出すという人は多くいます。逆に言えば、プレッシャーを与えないよう気をつけていれば、社内恋愛は長続きしやすくなるということです。別れを告げられる可能性は低くなりますし、別れる寸前という状態なっても、修復の道は残されています。具体的には、相手の仕事の支障とならないように、業務に専念します。もちろん、不用意に見つめたり親切にしたりと、周囲から贔屓とみなされるような対応をすることは厳禁です。仕事に集中していれば、自分自身の評価が高まる上に、会社の業績もアップしやすくなります。意中の相手への貢献にもつながるので、これにより別れを回避しやすくなります。むしろ、より一層愛されるようになりますし、別れを告げた相手が慌てて修復を申し出てくることもあるのです。このように社内恋愛では、お互いに仕事を優先することが肝心となっています。別れを防ぐために、我慢しながら仕事をするのではありません。社内恋愛によって仕事のモチベーションを高め、結果を出すことでより大きな愛情を得ていくのです。こういった好循環を構築できれば、社内恋愛は結婚話にもつながりやすくなります。

Copyright© 2017 口コミで評判の高いサンマリエ|サービスの特徴をリサーチ All Rights Reserved.